> 銀行系カードローン

銀行ローン 比較 ランキング

お金を扱うプロや金融機関ってどんなところ?と考えた時 すぐに思いつくのが「銀行」ではないでしょうか。

銀行系カードローンは、わかりやすく考えるとお金のプロが終結した 最高峰の組織が提供するカードローンと言えるでしょう。

安全面で言えば、銀行という指標で選べば間違いはありませんし 「質」で比較してもカードローンやキャッシングの中ではTOPレベルです。 ネット申込から早くてその日~2日程度で金額にもよりますが融資可能です。 融資までの日数よりも金額面で高額借入がしたい方は銀行がぴったりと思います。

銀行系カードローンも複数社から厳選してランキング化しておきましたので ご参考下さい。

銀行法って何?

銀行法は銀行に関して規定した法律です。
業務の公平性や私達預金者の保護など銀行業務が健全で適切に行われる事を目的としています。
どうして銀行法の話しをしたかと言うと当ページ(銀行系カードローン)は
すべて銀行法の規制のもと業務を行っているからです。

銀行法と賃金業法の具体的な差とは?

上記で説明した通り、銀行カードローンは銀行法のもとで業務を行っています。
では消費者金融の場合はどうでしょうか?
消費者金融は賃金業法のもとで業務を行っています。

何が違うのか?

総量規制の対象になる?対象外?
私たち利用者からすると総量規制が適用されるのか?されないのか?が一番分かり易い差だと思います。総量規制は借り過ぎなどを制限するために、年収の3分の1までの貸付に制限される法律です。この総量規制という法律は賃金業法での法律なので消費者金融に適用されます。
そのため銀行法の銀行カードローンは総量規制の制限を受けません。
信用などの審査にもよりますが、年収が300万円の場合消費者金融で借入をしようとすると、総量規制の対称なので最大で100万円迄になりますが、銀行カードローンで借入する場合は総量規制の対象外なので100万円以上借りる事が可能というわけです。

銀行カードローンの特徴を掴む

銀行カードローンのメリットを把握しておく!!
銀行カードローンの特徴を掴んでおきましょう。
特徴を把握した上で借入先を選ぶと安心ですね。
  銀行カードローン 消費者金融
適用される法律 銀行法 賃金業法
総量規制 対象外 対象
金利 年利15%前後 年利18%
借入限度額 500万円~1000万円 ~500万円
収入証明書の提出 100万円~300万円迄不要 50万円迄不要
銀行カードローンは総量規制対象外
銀行カードローンのメリットとして良く言われるのが総量規制の対象外ということ。総量規制は借り過ぎを抑制するために年収の3分の1までの借入に制限される法律ですが、賃金業法での話しなので銀行カードローンは対象になりません。借入が年収によって左右されないので比較的大きい金額でも借入が可能な事は銀行系のメリットと言えるかと思います。
低金利で借入可能
銀行と消費者金融で比較される金利!当たり前ですが金利が低い方で借入した方がお得ですね。銀行カードローンであれば低金利で借入が可能です。借入期間が短い場合、借入額が低い場合は金利の違いをそれほど感じれないかもしれませんが、中長期の借入になる場合はできるだけ低金利で借入した方が良いです。低金利の銀行カードローンはオススメです。
借入限度額が大きい
借入限度額が大きいのは銀行の特徴!最高で1000万円借入する事も可能です。ある程度まとまったお金を借入したい場合などに最適です。消費者金融では借入できない額も銀行カードローンなら可能な場合もあります。
収入証明書の提出が不要
通常借入する場合は収入証明書の提出が必要になりますが、銀行カードローンの場合は、100万円以下であれば収入証明書の提出が不要です。300万円迄不要の銀行カードローンもあります。消費者金融の場合は50万円を超えると必要になってきます。