安心キャッシングの選び方

現在キャッシング商品は全国で3000社以上。ほとんどが届け出をきちんと出し
国の許可(賃金業法の下)を得て運営している会社です。

しかし、「届け出=安全」ではなく、その中には
お世辞にも安全と言えない業者が多く存在します。

だからこそ安心できるキャッシング会社を選ぶべきだと思うのです。
当サイトは数千社の中から大手で安心なキャッシングだけを厳選
さらに「検索」「目的ランキング」「シミュレーション」等から
目的業者を最短で探せるようにがんばりました。
結構大変でしたが、あなたにぴったりのキャッシングが見つかれば嬉しく思います。

わがまま検索(条件に合わせて探す)

限度額
融資時間
借入方法

迷った場合は目的別ランキング

キャッシングをする時の潜在意識として
どういった目的から探す人が多いのかをリサーチした結果を元に
目的別のランキング形式でまとめてみました。

キャッシング会社の総合ランキング
既に絞り込んでいる厳選キャッシング会社ですが
それをさらに総合ランキング化してみました。
品質的にはどれも甲乙つけがたいサービスですがご参考にどうぞ。
アコム
実質年率 4.70%~18.0%
限度額 500万円迄
即日融資
審査時間 最短30分
おすすめポイント
  • 最短30分で審査の回答
  • 即日振り込みも可能
キャッシングの代名詞的存在。安定感、知名度、始めてでどこがいいかわからない方などに。
今すぐ申し込む
みずほ銀行カードローン
実質年率 年4.0%~年14.0%
限度額 1,000万円(最大極度額)
即日融資 ○(要口座)
審査時間 即日審査
おすすめポイント
  • 最短即日利用可能
  • 来店・郵送不要
  • 最大200万円まで収入証明不要
口座を既にお持ちの方であれば最短即日融資が可能です。限度額もゆとりある設定で多くの目的に対応してくれます。
今すぐ申し込む
三井住友銀行カードローン
実質年率 4.0%~14.5%
限度額 最高800万円
即日融資
審査時間 最短30分
おすすめポイント
  • 最短30分審査で即日融資可能
  • 限度額300万円まで収入証明不要
銀行系カードローン!銀行ならではの低金利で安心借入!急ぎの場合でも最短30分審査で即日融資も可能です。少し手間のかかる収入証明書の提出も限度額300万円までなら不要です。おすすめのカードローンです。
今すぐ申し込む

学習する:はじめてのキャッシング

借入れ前に計画的な返済を!とか良く言いますが具体的に
計画ってどう立てればいいのさ!?と思う方向けのコンテンツです。

ネットキャッシング新規申込の流れ【完全版】
お申込み前に多くの業者で共通する流れです。WEBから申込をしてカード発行、融資迄の流れを知りたい方向け。
各種シミュレーション
借入前の不安や疑問は付き物。なるべく全て解決してから借入したいですね。そんな不安や疑問を解決するツールを紹介しています。 是非使ってみてください。

金融機関によるキャッシングの違いとは?

単にキャッシングと言っても、
提供元の主要金融機関として銀行系、消費者金融系、信販系の3種類があります。
ここでは、それらの特徴を把握していきます。
特徴を把握しておけば、いざキャッシングをする必要に迫られた時にも、
正しく借入先を選択できることでしょう。

借入先の種類と特徴を比較

  銀行系 消費者金融系 信販系
金利 ~15% ~18% ~18%
年会費 無料 無料 有料もあり
限度額 1000万円 500万円 50万円~150万
審査難易度 消費者金融等と比べると審査は厳し目 比較的審査はそれほど厳しくないが複数社からの借入があったり、収入が少ない場合など当然否決の場合もある 信販会社にもよるが審査が厳しい所もある。そもそもクレジットカードを作れない場合も。
審査時間 最短30分 最短30分~ 数日かかる場合がある
融資スピード 最短即日 最短即日 キャッシング枠を持っている場合は即日可能
イメージ 銀行が運営しているのでイメージはいい 以前の怖いイメージがある方もいるが最近ではイメージが良くなってきている クレジットカードを利用する感覚なので抵抗なく利用している人が多い
キャンペーン - 30日間無利息等 初回ポイントサービス
利便性 金利が低く、提携先も非常に多いので日本全国どこでも借入・返済ができる 即日融資が可能でしかも申込みもスマホを利用などすれば来店しなくてもいつでもどこでも利用が可能 クレジットカードなのでショッピングもできる

特徴(スペック)の比較すると表の様な差があります。
差というよりもそれぞれ良い面があるというのが見てとれるかと思います。
具体的にどういった特徴があるかは以下にて解説していきます。

低金利と100万以上借入時に魅力の銀行系

上記で比較した3種類の金融機関の中で、
最も金利が低いのが銀行系キャッシングです。 低金利であり大手銀行であるため安心感は抜群です。

金利が低いだけではなく、銀行系は提携先が非常に多いため、
日本全国どこでも借入と返済の手続きができます。
銀行のATMはもちろん、多くのコンビニATMでも利用することが可能です。
必要なときにいつでも身近に有るという利便性は案外重要なものであるため、
このメリットは大きいと言えます。
特に、コンビニは24時間営業ですから、特に利便性が高くなっています。

キャッシングの際に重視される項目はその他「審査時間」「融資までの時間」「融資限度額」などかと思います。
これらの諸条件において、自分の希望を満たしてくれる借入先を選ぶ必要があります。

銀行系は金利は比較して審査は厳しく、時間も他の業者に比べて長めになっています。
審査時間が長いイコール融資を受けるまでにも時間はかかります。

しかし、融資限度額は他と比べ右に出る機関はいません。
銀行系は審査次第ですが100万円以上の借入に適しています。
多様な目的に耐えられる為、数百万円も借りることができたという方も珍しくありません。

大手銀行だけではなく、地方銀行も積極的になってきています。
口座開設の際に、キャッシュカードにキャッシング機能を付けるなどの方法によって、
銀行のキャッシュカードでお金が借りられる銀行が増えてきているのです。
銀行の口座開設の際に同時に申し込んでおけばあとは待っておくだけなので、
手間もかからず便利に使うことができます。

消費者金融系は大手企業は健全というか超優良

次に消費者金融系キャッシングです。
消費者金融といえばアコム、アイフル、プロミスなど、
テレビでも盛んにCMを流している業者なので最も馴染みが深いかもしれません。

消費者金融の借入限度額はい50万円前後が一般的であり、
最大では数百万円の借り入れも可能です。
銀行系に比べれば借入限度額が低く、金利は高いのが特徴です。
50万円までならば18%の金利で貸し付けている場合が多く、
小口~中口の貸付を多数行って金利で儲けるという手法をとっています。

融資は審査時間も短いため即日融資を行っている業者が多いです。 また、ほとんどの業者がインターネットで申し込みを受け付けており、 これを利用すればネット環境(PC・スマホ・携帯)だけで借入を行うことも可能です。

消費者金融に良いイメージを持っていない人は多いと思いますが、
過去、闇金融と呼ばれるような中小の消費者金融が数多く存在しており
高金利(法外な)の貸付を平然と行っていたこと等が今のダーティイメージにつながっています。

貸金業法が改正されたことによって中小の違法な貸金業者は多くが淘汰され、
今では健全な業者のみが残っています。CMでお馴染みの消費者金融は健全な業者であり、
顧客に快適に利用できるように様々な工夫を行っています。
消費者金融であるからといって毛嫌いする必要はなく利用時の注意は“安易な借り入れ”です。
数十万円を手軽に借りられる利便性は消費者金融のメリットでもありデメリットでもあります。

初めての借入を行うときには誰もが多少の罪悪感を抱くのですが、
簡単に借りられることで人によっては次第に感覚がマヒしていき、
ついには「困ったときには消費者金融から借りればいい」という感覚に陥ってしまうのです。
これは、言い方を変えれば「困ったときには借金を作ってその場しのぎをすればよい」
という感覚に陥っているということであり、借金地獄に陥る人の典型的な感覚に
陥っているということ言うこともできます。

注意すべきは自己管理!ということですね。

理解して利用すべき信販系

最後に信販系キャッシングはクレジットカードを発行している信販会社のキャッシングと 考えればよいでしょう。普通はクレジットカードはショッピングに利用する為のカードですが 種類によってはキャッシング機能も付帯しています。

キャッシングの枠は年会費無料のカードで10万円程度が一般的でしょうか。
信販系キャッシングを提供する会社の多くは知名度が高い会社も多いため
安心して利用をしてしまうケースが多いかと思います。
リボ払いが基本ですので理解をしている方にとっては良いのですが
そもそもおまけの機能として利用してしまうのは落とし穴になる可能性があります。

元金がなかなか減らないとこれは、借入額が大きかった場合には当然利息も大きくなりますが、
利息に対して返済額が固定されてしまっているため、元金が減っていかないのです。試しに計算してみましょう。
例えば、30万円の借入を行い、金利が18%であったとしましょう。 この時、毎月支払う金利は以下の通りです

毎月支払う金利

*******************************
30万円×0.18÷365×30≒4438
*******************************
となります。これで毎月2万円や3万円返済していくならば元金はどんどん減っていきますが、
リボ払いであるために毎月の返済額が1万円と固定されていれば、
毎月約5000円しか元金は減っていかないことになります。これがリボルビング払いの罠なのです。

つまり信販系キャッシングでリボ払いを利用する場合、
毎月1万円しか払わなくて良いということはリボ払いのメリットですが、
その代償として元金は減りにくく返済期間は長くなるということを
理解した上で利用しなければなりません。

以上、種類の概要でしたが、appmanifest.orgでは
先に書いた2種類メインでの紹介を行っています。

当サイトのmanifest[公約]は安心重視です。
公約というと大袈裟になってしまうかもなので、「出来る限り安心安全な」を目標としています。

商品自体が安心できるかどうかは、借りる側の心構えも 重要ですよね。
道具の活用方法を間違えるとまったく違った 効果が生まれてしまいます。
その商品をできるだけ正しい利用方法 として行かせるように情報を磨いて行きたく思っています。