安心キャッシングは安全の最短距離

「キャッシング」イコール「商品」という考え方を持ちましょう。
どこも一緒という考えは捨てたほうが良いということです。

現在キャッシング商品は全国で3000社以上。ほとんどが届け出をきちんと出し
国の許可(賃金業法の下)を得て運営している会社です。が、しかしです。
届け出が出しているほとんどが無名のキャッシングばかり。
金融庁が注意喚起しているリストには実際に届け出をしている
零細キャッシング会社もいるというのが事実です。

だからこそ安心できるキャッシング会社を選ぶべきだと思うのです。
当サイトは数千社の中から大手で安心なキャッシングだけを厳選しているので
きっとあなたにぴったりのキャッシングが見つかると思います。

わがまま検索(条件に合わせて探す)

限度額
融資時間
借入方法

迷った場合は目的別ランキング

キャッシングをするときに潜在意識として
どういった目的から探す人が多いのかをリサーチした結果から
目的別のランキング形式でまとめてみました。

キャッシング会社の総合ランキング
既に絞り込んでいる厳選キャッシング会社ですが
それをさらに総合ランキング化してみました。
品質的にはどれも甲乙つけがたいサービスですがご参考にどうぞ。
アコム
実質年率 4.70%~18.0%
限度額 500万円迄
即日融資
審査時間 最短30分
おすすめポイント
  • 最短30分で審査の回答
  • 即日振り込みも可能
キャッシングの代名詞的存在。安定感、知名度、始めてでどこがいいかわからない方などに。
今すぐ申し込む
みずほ銀行カードローン
実質年率 年4.0%~年14.0%
限度額 1,000万円(最大極度額)
即日融資 ○(要口座)
審査時間 即日審査
おすすめポイント
  • 最短即日利用可能
  • 来店・郵送不要
  • 最大200万円まで収入証明不要
口座を既にお持ちの方であれば最短即日融資が可能です。限度額もゆとりある設定で多くの目的に対応してくれます。
今すぐ申し込む
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
実質年率 4.6%~14.6%
限度額 500万円迄
即日融資
審査時間 最短30分
おすすめポイント
  • 最短即日融資が可能
  • 最短30分で審査回答
銀行カードローンの中でもTOPレベルのカードローン。最短即日融資も可能です。
今すぐ申し込む

キャッシングの種類を知っていますか?銀行系、消費者金融系、信販系の違いを知る

単にキャッシングとは言っても、
キャッシングには銀行系、消費者金融系、信販系の3種類があります。
ここでは、それらの特徴を把握していきます。
特徴を把握しておけば、いざキャッシングをする必要に迫られた時にも、
正しく借入先を選択できることでしょう。

キャッシングの借入先の種類と特徴を比較

  • 銀行系キャッシング
  • 消費者金融系キャッシング
  • 信販系キャッシング

銀行系キャッシング

銀行系、消費者金融系、信販系の3種類のうち、
最も金利が安いのが銀行系キャッシングです。
銀行系は低金利が最大のアピールポイントであり、
提供しているのは大手銀行であるため、 安心感も大きいものです。
一番人気のキャッシングは銀行系であるといっても良いでしょう。

金利が安いだけではなく、銀行系は提携先が非常に多いため、
日本全国どこでも借入と返済の手続きができます。
銀行のATMはもちろん、多くのコンビニATMでも利用することが可能です。
必要なときにいつでも身近に有るという利便性は案外重要なものであるため、
このメリットは大きいと言えます。
特に、コンビニは24時間営業ですから、特に利便性が高くなっています。

キャッシングの際に重視されるのは金利や利便性だけではなく、 審査が容易かどうか、
審査にどれくらいの時間がかかるのか、 融資までにどれくらいの時間がかかるか、融資限度額はいくらかなどです。
これらの諸条件において、自分の希望を満たしてくれる借入先を選ぶ必要があります。

銀行系はどうかというと、金利は低いものの、審査は厳しく、
審査に要する時間も他の業者に比べて長めになっています。
審査に時間がかかるということは融資を受けるまでにも時間がかかるということです。

しかし、融資限度額は大きくなる場合が多いです。消費者金融系は50万円までとなることが多く、
信販系はキャッシングがメインの金融商品ではないためキャッシング枠は小さくなりやすいものです。
これに対して銀行系は審査によりますが100万円以上を借りられることが多く、
数百万円を借りられることも珍しくありません。

また、最近では大手銀行だけではなく、地方銀行もキャッシングに積極的になってきています。
口座開設の際に、キャッシュカードにキャッシング機能を付けるなどの方法によって、
銀行のキャッシュカードでお金が借りられる銀行が増えてきているのです。
このサービスは銀行の口座開設の際に同時に申し込んでおけばあとは待っておくだけなので、
手間もかからず便利に使うことができます。

消費者金融系キャッシング

次に消費者金融系キャッシングです。
消費者金融といえばアコム、アイフル、プロミスなど、
テレビでも盛んにCMを流している業者なので最も馴染みが深いかもしれません。

消費者金融の借入限度額はい50万円前後が一般的であり、
最大では数百万円の借り入れも可能です。
銀行系に比べれば借入限度額が低く、金利は高いのが特徴です。
50万円までならば18%の金利で貸し付けている場合が多く、
小口~中口の貸付を多数行って金利で儲けるという手法をとっています。

このほか、融資の審査は銀行系に比べると甘く、審査時間も短いため即日融資を行っている業者が多いです。 また、ほとんどの業者がインターネットで申し込みを受け付けており、 これを利用すればネット環境さえあれば完全在宅で借入を行うことも可能です。

消費者金融に良いイメージを持っていない人は多いと思いますが、
これは過去に違法で悪質な取立てが頻繁に行われていたからです。
この他にも今であれば闇金融と呼ばれるような中小の消費者金融が数多く存在しており、
高金利の貸付を平然と行っていたことも今のダーティイメージにつながっています。

ただし、貸金業法が改正されたことによって中小の違法な貸金業者は全て淘汰され、
今では健全な業者のみが残っています。CMでお馴染みの消費者金融は健全な業者であり、
これまでに築かれたダーティイメージを払拭するために経営戦略を見直し、
顧客に快適に利用できるように様々な工夫を行っています。
したがって、今生き残っている大手消費者金融は快適に利用することができるので、
消費者金融であるからといって毛嫌いする必要はないでしょう。

消費者金融を利用する際に注意したいのは、安易な借り入れです。
消費者金融は銀行系に比べて審査が甘く、よほどの問題がない人であれば
簡単に数十万円の借入を行うことができます。
手軽に借りられるということは、消費者金融のメリットでもありデメリットでもあります。

初めての借入を行うときには誰もが多少の罪悪感を抱くのですが、
簡単に借りられることで人によっては次第に感覚がマヒしていき、
ついには「困ったときには消費者金融から借りればいい」という感覚に陥ってしまうのです。
これは、言い方を変えれば「困ったときには借金を作ってその場しのぎをすればよい」
という感覚に陥っているということであり、借金地獄に陥る人の典型的な感覚に
陥っているということ言うこともできます。

したがって、このような感覚に陥ってしまう人はよほど注意して利用しなければならないと言えるでしょう。

信販系キャッシング

信販系キャッシングは、クレジットカードを使って行うキャッシングと
考えればよいでしょう。普通ならばクレジットカードはなにかを買うときに
気軽に使うことができるカードですが、クレジットカードの種類によっては
キャッシング機能も付帯することがあります。そのため、信販系のキャッシングには
ショッピングの延長として利用できるような気安さでキャッシングを行うことができます。

さらに、キャッシングの枠は消費者金融系や銀行系に比べて枠が小さくなることが多く、
また消費者金融に比べると金利が安い場合が多いです。
この他、信販系キャッシングを提供する会社の多くは非常に有名な会社も多いため、
なんとなく安心して利用することができます。

また、リボルビング払いが利用できるのも大きな魅力と言えます。
これを利用すれば、いくら借入を行ったとしても返済は月々1万円などの固定になるため、
借入額に応じて返済額が変動する通常のキャッシングに比べて返済計画が立てやすく、
月々の負担も固定されるため返済がしやすくなります。
ただし、リボ払いは元金がなかなか減らないという特徴もあります。
これは、借入額が大きかった場合には当然利息も大きくなりますが、
利息に対して返済額が固定されてしまっているため、
なかなか元金が減っていかないのです。試しに計算してみましょう。

☆試しにリボルビング払いを計算してみました!

例えば、キャッシングで30万円の借入を行い、金利が18%であったとしましょう。
この時、毎月支払う金利は

*******************************
30万円×0.18÷365×30≒4438
*******************************
となります。これで毎月2万円や3万円返済していくならば元金はどんどん減っていきますが、
リボ払いであるために毎月の返済額が1万円と固定されていれば、
毎月約5000円しか元金は減っていかないことになります。これがリボルビング払いの罠なのです。

つまり信販系キャッシングでリボ払いを利用する場合、
毎月1万円しか払わなくて良いということはリボ払いのメリットですが、
その代償として元金は減りにくく返済期間は長くなるということを
理解した上で利用しなければなりません。

キャッシング比較! 銀行系?消費者金融系?信販系?

  銀行系キャッシング 消費者金融系キャッシング 信販系キャッシング
金利 ~15% ~18% ~18%
年会費 無料 無料 有料もあり
限度額 1000万円 500万円 50万円~150万
審査難易度 消費者金融等と比べると審査は厳し目 比較的審査はそれほど厳しくないが複数社からの借入があったり、収入が少ない場合など当然否決の場合もある 信販会社にもよるが審査が厳しい所もある。そもそもクレジットカードを作れない場合も。
審査時間 最短30分 最短30分~ 数日かかる場合がある
融資スピード 最短即日 最短即日 キャッシング枠を持っている場合は即日可能
イメージ 銀行が運営しているのでイメージはいい 以前の怖いイメージがある方もいるが最近ではイメージが良くなってきている クレジットカードを利用する感覚なので抵抗なく利用している人が多い
キャンペーン - 30日間無利息等 初回ポイントサービス
利便性 金利が低く、提携先も非常に多いので日本全国どこでも借入・返済ができる 即日融資が可能でしかも申込みもスマホを利用などすれば来店しなくてもいつでもどこでも利用が可能 クレジットカードなのでショッピングもできる